作品紹介

あの子が死んだのは、天罰です

公園で貰った乳酸飲料を飲んで死んだ雅彦は、周囲の子供達を暴力で抑えつけていた。果たして復讐なのか。待望の書下ろしミステリ

担当編集者より
子供ができずに産院から新生児を盗み出そうとした夫婦と、婚家に子供を奪われた看護婦の情念が交錯する『子盗り』で第19回サントリーミステリー大賞を受賞した海月さんの、待望の受賞後第一作です。公園で遊んでいた四人の少年の一人が、無料配布された乳酸飲料を飲んで死んでしまう。死んだ少年は腕力で他の子供たちを抑えつけ、他の三人はみな彼にいじめられていた。果たして復讐なのか? 息をもつかせぬ展開と思いがけないラスト。女性ならではの視点に溢れた傑作ミステリーです。(HT)
商品情報
書名(カナ) プルミン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年05月15日
ISBN 978-4-16-321810-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る