作品紹介

彼女の一生は、不幸だったのだろうか――?

マスコミの寵児、現役女子大生のAV女優千石ローザ。同棲していた監督の兵頭に新しい愛人ができたことで、彼女の人生は狂い始めた

担当編集者より
現役女子大生としてアダルトビデオに出演し、独得な存在感から、時代の寵児ともてはやされたAV女優・千石ローザ。同棲していた兵頭に愛人ができた頃から、歯車が狂い出す。男に暴力を振るわれたとき、だまされてストリッパーになったとき、彼女を通り抜けた感情は何だったのか。ローザがその微笑の先に、辿りついた風景は。危ういまでに人を受け入れ、自分をすり減らしながらも愛を求めることを止めなかった女性の人生に迫る、著者渾身の書き下ろし作品です。(YN)
商品情報
書名(カナ) ローザノビショウ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年06月30日
ISBN 978-4-16-326090-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る