作品紹介

法廷ものの変遷、スポーツ尽し、SF超大作からB級西部劇まで、思い出すまま語り明かした十二夜。読めば必ず映画館へ行きたくなる

担当編集者より
心から映画を愛する三人が、SF、法廷劇、スポーツものなど、十二のテーマに沿って語り尽くした楽しい鼎談集です。「カピタン」編集部が涙をのんで割愛した部分を再録したロング・バージョンで、脚注・写真も充実。担当者としては、瀬戸川さんのご存命中に刊行を間に合わせられなかったことに悔いが残ります。その分、残るお二方が心をこめて脚注を書き、ていねいにゲラをチェックして下さいました。(TM)
商品情報
書名(カナ) キョウモエイガビヨリ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 A5判 並製 カバー装
初版奥付日 1999年09月30日
ISBN 978-4-16-355540-9
Cコード C0074

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る