単行本

昭和が明るかった頃

2,090 (税込)
発売日2002年11月
商品情報
書名(カナ) ショウワガアカルカッタコロ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年11月30日
ISBN 978-4-16-359170-4
Cコード C0095

東京五輪前夜、皆は貧しくとも希望にあふれていた

映画が最も輝いていた六〇年代前半、日本人はスクリーンとスター達に「夢」を見ていた。映画をテクストに戦後の一時代を検証する

担当編集者より

本書の舞台は昭和三十年代、未だ映画が娯楽の王様だった頃です。日本はまさに高度経済成長前夜。現在のような豊かさはなかったものの、街には雑駁な活気が溢れ、人々は確かに明日への希望を持っていました。そんな時代の雰囲気を象徴するスターとして吉永小百合、石原裕次郎がおり、そして日活という映画会社がありました。その後、映画産業はテレビにその座を奪われて行きます。現在の物質的な豊かさを手に入れる代償に日本は何を喪ったのでしょうか。この時代を最も色濃く映していた、「映画」を通じてそれを検証する一冊です。(OK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
書店在庫
単行本

昭和が明るかった頃

2,090 (税込)
発売日2002年11月
商品情報
書名(カナ) ショウワガアカルカッタコロ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年11月30日
ISBN 978-4-16-359170-4
Cコード C0095
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
【3/30(土)】麻布競馬場×メン獄トークショー「令和の会社員人生を駆け抜けろ!」@青山ブックセンター
【3/30(土)】麻布競馬場×メン獄トークショー「令和の会社員人生を駆け抜けろ!」@青山ブックセンター
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 佐伯泰英特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用