作品紹介

世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。「世界史の中の日本」という視点で、分かりやすく面白く解説。朝鮮半島、中国大陸の影響を古代日本がいかに大きく受けていたのか。ダイナミックな歴史の地平が開けます。

はじめに

第1章 日本人の起源
1 原始、太陽は敵だった
2 大量絶滅とホモサピエンスの登場
3 「言葉」は、肉食から生まれた?
4 DNAが証明した日本人の多様な起源
5 稲作と鉄器がすべてを変えた

第2章 統一国家の誕生
6 漢の崩壊後に確立した倭の王権
7 巨大古墳ができたわけ
8 いまの天皇家は西暦六世紀から
9 「仏教伝来」のインパクト
10 「聖徳太子」はいなかった?

第3章 大国との対決と敗北
11 “乙巳の変”(大化の改新)のウラに、大唐世界帝国あり
12 白村江の戦い前夜
13 唐から来たマッカーサー
14 アンチ唐派の巻き返し―壬申の乱
15 持統天皇がロールモデルとした中国の女帝

第4章 弱い男・強い女・賢い補佐
16 国の「かたち」を整えた飛鳥時代
17 「日本」が本当に始まった
18 女性が動かした奈良時代
19 女帝のブレーンたちⅠ 皇位をめぐる暗闘
20 女帝のブレーンたちⅡ 相次ぐ反乱

第5章 モデルは中国「唐風化路線」
21 大仏建立と聖徳太子
22 道鏡の真実
23 未完の唐風化政策
24 平安京は大きすぎた
25 天皇の権威、分裂す

第6章 摂関政治と熾烈な権力闘争
26 兄弟(妹)げんかで生まれた「摂政」「関白」
27 平将門の乱の意味するもの
28 僧界のプリンス、最澄と政僧、空海
29 「延喜・天暦の治」の舞台裏
30 藤原氏のバトルロワイヤル

第7章 日中交流が育んだ平安文化
31 宋の建国
32 末法の世に流行る浄土信仰
33 唐物 珍重される輸入品
34 後宮の情報戦と王朝文学
35 日記は貴族の財産

第8章 古代篇まとめ 世界史の中の日本
36 東アジアの年表を並べて眺めよう
37 日本のグランドデザイン
38 小さな国、日本

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
はじめに

第1章 日本人の起源
1 原始、太陽は敵だった
2 大量絶滅とホモサピエンスの登場
3 「言葉」は、肉食から生まれた?
4 DNAが証明した日本人の多様な起源
5 稲作と鉄器がすべてを変えた

第2章 統一国家の誕生
6 漢の崩壊後に確立した倭の王権
7 巨大古墳ができたわけ
8 いまの天皇家は西暦六世紀から
9 「仏教伝来」のインパクト
10 「聖徳太子」はいなかった?

第3章 大国との対決と敗北
11 “乙巳の変”(大化の改新)のウラに、大唐世界帝国あり
12 白村江の戦い前夜
13 唐から来たマッカーサー
14 アンチ唐派の巻き返し―壬申の乱
15 持統天皇がロールモデルとした中国の女帝

第4章 弱い男・強い女・賢い補佐
16 国の「かたち」を整えた飛鳥時代
17 「日本」が本当に始まった
18 女性が動かした奈良時代
19 女帝のブレーンたちⅠ 皇位をめぐる暗闘
20 女帝のブレーンたちⅡ 相次ぐ反乱

第5章 モデルは中国「唐風化路線」
21 大仏建立と聖徳太子
22 道鏡の真実
23 未完の唐風化政策
24 平安京は大きすぎた
25 天皇の権威、分裂す

第6章 摂関政治と熾烈な権力闘争
26 兄弟(妹)げんかで生まれた「摂政」「関白」
27 平将門の乱の意味するもの
28 僧界のプリンス、最澄と政僧、空海
29 「延喜・天暦の治」の舞台裏
30 藤原氏のバトルロワイヤル

第7章 日中交流が育んだ平安文化
31 宋の建国
32 末法の世に流行る浄土信仰
33 唐物 珍重される輸入品
34 後宮の情報戦と王朝文学
35 日記は貴族の財産

第8章 古代篇まとめ 世界史の中の日本
36 東アジアの年表を並べて眺めよう
37 日本のグランドデザイン
38 小さな国、日本
商品情報
書名(カナ) ゼロカラマナブニホンシコウギ コダイヘン
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2018年02月25日
ISBN 978-4-16-390771-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る