作品紹介


「武士の世を創る」
生涯の願いを叶えるため手を携えて進む、源頼朝と政子。

平家討伐、奥州を制圧、朝廷との駆け引き。
肉親の情を断ち切り、すべてを犠牲にして夫婦が作り上げた
武家政権・鎌倉府は、しかしやがて時代の波にさらわれ滅びに向かう。

魔都・鎌倉の空気、海辺の風を背景に
権力者の孤独と夫婦の姿がドラマティックに描き出される。
頼朝晩年に隠された大いなる謎とは?
『吾妻鏡』空白の四年間を解き明かす圧巻のラストは必読!

新聞連載時から大きな反響を呼んだ
感動の長編エンタテインメント。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) シュラノミヤコ
ページ数 408ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2018年02月20日
ISBN 978-4-16-390775-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る