作品紹介

上野千鶴子氏激賞! 「世界最短詩型である俳句は、日本語と格闘せずには表現たりえない。本書は『表現の革命』を論じて、真に革命的な日本語表現論だ」

目次
口絵
第一章 俳句第二芸術論――赤い椿白い椿と落ちにけり
第二章 子規と碧梧桐――師を追うて霧晴るゝ大河渡らばや
第三章 三千里の旅へ――鳥渡る博物館の林かな
第四章 新傾向俳句の誕生――思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇
第五章 龍眠帖と龍眠会――鮎活けて朝見んを又た灯ともしぬ
第六章 碧梧桐と虚子――虚子といふ友ありけりや冬瓜汁
第七章 無中心論の展開――相撲乗せし便船のなど時化となり
第八章 登山家・碧梧桐――立山は手届く爪殺ぎの雪
第九章 『八年間』の麗姿――ローマの花ミモーザの花其花を手に
第十章 関東大震災の記録――松葉牡丹のむき出しな茎がよれて倒れて
第十一章 新切字の探索――汐のよい船脚を瀬戸の鷗は鷗づれ
第十二章 ルビ付俳句の意義――虎(オ)猫(マヘ)友(ツ)猫(レ)なうて来る鼻声(コヱ)鼻黒が痩せて腰骨(フリ)
第十三章 碧梧桐死す―金襴(テリ)帯かゝやくをあやに解きつ巻き巻き解きつ

河東碧梧桐略年譜
あとがき
商品情報
書名(カナ) カワヒガシヘキゴトウ ヒョウゲンノエイゾクカクメイ
ページ数 408ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2019年09月19日
ISBN 978-4-16-391100-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る