作品紹介

冬に来る第2はさらに強毒化するのか?
ワクチンはいつ開発されるのか?
終息はいつになるのか?

人類にとって、戦後最大の脅威となっている新型コロナウイルス。
私たちはいかに、未知の感染症と向き合えばいいのか?

著者の河岡義裕氏は東大医科学研究所ウイルス感染分野教授、同感染症国際研究センター長、ウイスコンシン大学獣医学部教授を兼任、
世界で初めて新型インフルエンザの人工合成に成功し、エボラウイルスのワクチンも開発中の、ウイルス学の世界的権威である。

そして一部を除いて、テレビなどメディアでの発言は避けてきた。

その河岡教授が、新型コロナウイルスのワクチン開発や治療法、特効薬に関する最新の研究成果、有効な対策と無意味な対策、終息までの見通し、ウイルスの正体について、
分かりやすく解説する。

聞き手は昨年、大宅賞を受賞した気鋭のノンフィクション作家・河合香織氏。

新型コロナウイルスを正しく理解する決定版!

目次
第1章 新型コロナウイルス研究最前線
ウイルスは戦わないふぶ/ワクチンはいつ実用化されるのか?/新型コロナをウイルスで治す/これからも流行を繰り返すのか/すぐには再感染しない/レムデシビル、アビガンの効果と限界/マスク、次亜塩素酸水、乳酸菌の効果
第2章 ウイルスと共に生きる
無闇に恐れる必要はない/新型コロナとインフルエンザの違い/新型コロナウイルスが人為的に作られた可能性は低い/ワクチン開発の特許戦争/気が緩んでいるから感染するのではない/「感染しやすい」と「重症化しやすい」は別/ペットと暮らすためのウイルス対策
第3章 ウイルスと私
動物好き少年からウイルス研究者へ/インフルエンザウイルスの合成に成功した理由/エボラウイルスを制圧するために/バイオテロの可能性を疑われる/人類の滅亡?/人も動物も植物もウイルスも同等である
商品情報
書名(カナ) シンガタコロナウイルスヲセイアツスル ウイルスガクキョウジュガトク ソノショウタイ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年07月30日
ISBN 978-4-16-391232-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る