作品紹介

フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ポー、村上春樹――
「黄金の抜粋」で出会う本物の英語!

カンタンな英文だけでは、英語を操るための「体幹」が身につきません。
歯ごたえたっぷりの名作には、英語的感覚を身につけるためのお役立ちヒントがたっぷり。

時代背景や小説のルールなど丁寧に解説し、和訳、語注や文法の説明も充実。読むための入り口までご案内します。昔から気になっていたけど、なかなか手に取れなかったという有名作品の原文をこの機会に是非。

読んでみると、やっぱりおもしろい! おかしい! 怖い!
おもしろくて読む英語は、次のステップにつながります。読まずにいるのはもったいない。
東京大学英文学教授による、英米文学講義。


『老人と海』、
『高慢と偏見』、
「黒猫」、
『ガリヴァ―旅行記』、
『ロビンソン・クルーソー』……
「本物の英語」を読む!

これがあのガリヴァーですか。
ロビンソン・クルーソーはこんな人でしたか。
『高慢と偏見』の恋愛術がすごい。
「黒猫」、キモチ悪い。

百聞は一見にしかず。
気になるあの名作に、なまの目で触れてみてください。

――この本は、もっと英語を読めるようになりたいという人に、おすすめの入口を提供する本です。(「はじめに」より)

〈本書の概要〉
1章:ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)を読む
2章:ジョナサン・スウィフト『ガリヴァー旅行記』(1726)を読む
3章:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』(1813)を読む
4章:エドガー・アラン・ポー「黒猫」(1843)を読む
5章:フィツジェラルド「リッチ・ボーイ」(1926)を読む
6章:ヘミングウェイ『老人と海』(1952)を読む
7章:村上春樹「シェエラザード」(『女のいない男たち』収録)を読む


【お詫び】『英文学教授が教えたがる名作の英語』記載抜けにつきまして

2021年4月27日全国発売の『英文学教授が教えたがる名作の英語』第1刷に記載抜けがございました。深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。


p194


(誤)
「シェエラザード」
ヴィンテージから刊行された英語版『女のいない男たち』(2017年)から引用。
 ↓
(正)
Haruki Murakami. “Scheherazade ”. Trans. Ted Goossen. In Men Without Women. Trans. Philip Gabriel and Ted Goossen. Vintage, 2017.

「シェエラザード」(テッド・グーセン訳)
ヴィンテージから刊行された英語版『女のいない男たち』(2017年、フィリップ・ガブリエル、テッド・グーセン共訳)から引用。

 

ご購入くださいましたお客様並びに各関係者の方々に、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
〈本書のおもな概要〉
1章:ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)を読む
2章:ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726)を読む
3章:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』(1813)を読む
4章:エドガー・アラン・ポー「黒猫」(1843)を読む
5章:フィツジェラルド「リッチ・ボーイ」(1926)を読む
6章:ヘミングウェイ『老人と海』(1952)を読む
7章:村上春樹「シェエラザード」(『女のいない男たち』収録)を読む
目次
1章:ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)を読む
2章:ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726)を読む
3章:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』(1813)を読む
4章:エドガー・アラン・ポー「黒猫」(1843)を読む
5章:フィツジェラルド「リッチ・ボーイ」(1926)を読む
6章:ヘミングウェイ『老人と海』(1952)を読む
7章:村上春樹「シェエラザード」(『女のいない男たち』収録)を読む
商品情報
書名(カナ) エイブンガクキョウジュガオシエタガルメイサクノエイゴ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 A5判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年04月25日
ISBN 978-4-16-391316-2
Cコード 0095

著者

阿部公彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る