作品紹介

日本の「遺産」なくして、韓国の発展はなかった――。
「先の大戦で敗戦国となった日本は、
無条件降伏し、朝鮮半島をはじめすべての海外領土を放棄させられ、
資産、財産はすべて没収された。
本書は、日本の植民地支配は
搾取と収奪だけの不幸な時代だったとする
いわゆる〈収奪論〉に対する実証的な批判であり、
韓国の公式歴史観に対する真っ向からの挑戦である。」
(「監訳者によるまえがき」より)

目次
第一章 なぜ帰属財産なのか
 Ⅰ.植民地遺産としての帰属財産
 Ⅱ.いまになって問題として取りあげる理由
 Ⅲ.研究が不十分な理由
 Ⅳ.結語:研究の必要性

第二章 日本資産の流入課程
 Ⅰ.序論:資料・概念・用語の問題
 Ⅱ.資金の類型別流入額
 Ⅲ.流入資金の総合と評価

第三章 帰属財産の形成過程(Ⅰ):SOC建設
 Ⅰ.鉄道
 Ⅱ.道路
 Ⅲ.港湾
〈補論〉山林緑化事業

第四章 帰属財産の形成過程(Ⅱ):産業施設
 Ⅰ.電気業
 Ⅱ.鉱業
 Ⅲ.製造業

第五章 帰属財産の管理(Ⅰ):米軍政時代
 Ⅰ.解放時における日本人財産の状態
 Ⅱ.米軍政の帰属財産接収過程
 Ⅲ.帰国事業体の管理および処分
 Ⅳ.帰属財産の韓国政府移管

第六章 帰属財産の管理(Ⅱ):韓国政府時代
 Ⅰ.韓米の最初の協定と帰属財産の引受
 Ⅱ.引受財産の実情と管理体制
 Ⅲ.帰属財産の処理過程
 Ⅳ.民間払下げ以降の運営状況

第七章 解放後の韓国経済の展開と帰属財産
 Ⅰ.植民地遺産としての帰属財産
 Ⅱ.一九五〇年代の経済と帰属財産
 Ⅲ.一九六〇年代の韓日協定と帰属財産
商品情報
書名(カナ) キゾクザイサンケンキュウ カンコクニウモレタニホンシサンノシンジツ
ページ数 488ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年10月10日
ISBN 978-4-16-391343-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る