作品紹介

文庫書き下ろしの雄・佐伯作品の新シリーズが単行本で登場!

文政11年暮れ。日本橋のほど近く、傘屋や下駄問屋が多く集まる町・照降町に「鼻緒屋」の娘・佳乃が出戻ってきた。佳乃は3年前、男と駆け落ちしていたのだ。
父は病に伏し、見習いとして浪人の八頭司周五郎を受け入れていた。
町の人びとの人情に触れ、佳乃は女職人として鼻緒挿げの腕を磨く決意をするが、そこへあの男が追ってくる――。

著者初・江戸の女性職人が主人公の書下ろし新シリーズ〈照降町四季〉全4巻、文庫版と電子書籍も同時発売で4ヶ月連続刊行!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
第一章 出戻り
第二章 除夜の鐘
第三章 梅が散る
第四章 吉原初登城
第五章 百度参り
商品情報
書名(カナ) ハツモウデ テリフリチョウノシキ(一)
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2021年04月10日
ISBN 978-4-16-391356-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る