作品紹介

がんで逝った33歳の妻。
僕たち親子が悲しみのなかから見いだした希望とは――。
広末涼子さん、滝藤賢一さんの共演で映画化され、
大きな感動を呼んだ『はなちゃんのみそ汁』から10年。
はなと僕の〈こころの往復書簡〉。

大切な人を亡くした後、残された家族はどう生きるか。
〈今でも、ふとしたことで涙が止まらなくなることがある。
しかし、かつての悲しみとは明らかに違う。
つらくて苦しいだけだった悲しみが、
「すばらしい悲しみ」に感じられるようになった。
グリーフは抱えたままでいい。無理に乗り越えるべき感情ではなかった〉                (本文より)

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
目次
第一章 遺言 生と死に向き合って

第二章 喪失 大切な人が去ってから

第三章 葛藤 新しい変化と戸惑い

第四章 転機 共感を力に変えて

第五章 試練 自分たちで向き合うしかないこと

第六章 受容 少しだけ恩返し

第七章 再生 変わること、変わらないこと

おわりに
商品情報
書名(カナ) ハナチャンノミソシル セイシュンヘン チチトムスメノイノチノウタ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年02月20日
ISBN 978-4-16-391499-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る