作品紹介

#MeToo運動は、この一冊から始まった──。

長年タブーだったハリウッドの性的虐待をスクープし、ピューリッツァー賞受賞。
タイム誌、ワシントンポスト紙、フォーチュン誌ほか年間ベストブックに選出された全米ベストセラー、遂に日本上陸!

「歴史に残る一冊になることだろう」(エッセイスト・洋書レビュアー 渡辺由佳里)
「爆発的で強力なジャーナリズム」(ピューリッツァー賞受賞評)

あらすじ/ハリウッド大御所プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの性的虐待疑惑を追いかける著者ローナン・ファロー。勇気ある女性たちの証言を得た調査の先に浮かび上がってきたのは、メディア界・政界・司法界による“悪の三位一体”構造だった。巨大な闇に触れてしまった著者はスパイ組織に狙われる。やがては各界トップのクビが飛び、大統領をも巻き込む事態に。彼らの常套手段である「キャッチ・アンド・キル」についても本書で明かされる。

本書には、大勢の証言者が実名で登場します。

「名乗り出た女性の信用をズダズタにする。女性たちを貶めて、追い詰める。犠牲者を略奪者に仕立てあげるのよ」(ロザンナ・アークエット/女優)

「体と心を切り離したわ。顔に笑いを貼り付けてね」(ローズ・マッゴーワン/女優)

「彼(ハーヴェイ・ワインスタイン)は怖い人たちとつながってるの。人を傷つけかねないわ」(ミラ・ソルヴィーノ/女優)

その他にヒラリー・クリントン、メリル・ストリープと著者のやりとりも収録。

著者は「辛く重要な真実を世の中に出すため、大きなリスクを背負ってくれた女性たちには感謝してもしきれない」と述べています。

著者プロフィール/1987年生まれ。映画監督ウディ・アレンと女優ミア・ファローの息子。米国では天才セレブ二世として有名。15歳で大学卒業、21歳でイェール大学ロースクールを修了し弁護士資格を取得。ローズ奨学生としてオックスフォード大学へ進み博士号取得。国務省スタッフ、ヒラリー・クリントン国務長官顧問(当時)などを経てジャーナリズムの世界へ。ニュース放送局MSNBCの番組アンカーを務めた。ニューヨーカー誌に発表した本スクープ記事により弱冠30歳でピューリッツァー賞を受賞。


おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) キャッチアンドキル
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年04月10日
ISBN 978-4-16-391526-5
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る