作品紹介

立花隆氏は1986年から87年にかけて、写真家の佐々木芳郎氏とともに南米ブラジル・アルゼンチン・パラグアイのレドクシオン(伝道村)を訪ね歩いている。
そこには、かつてキリスト教イエズス会の宣教師たちが、グアラニ・インディオたちと作り上げたユートピア「神の王国」があった。
立花氏はその感動を月刊「文藝春秋」などに発表し、さらには佐々木氏の撮影した遺跡や聖像の写真をたくさん載せた本を作る予定であった。
だが、出版目前に立花氏の作業は止まる。
キリスト教世界と正面から向き合う内容だけに、さらに改稿の意図があったと思われる。その後の立花氏のエッセイなどにも、『インディオの聖像』は「死ぬまでに完成すべき本」として挙げられていることから、そのことは想像できる。しかし、立花氏の多忙により筆はなかなか進まず、2021年の急逝により、本稿は未完となってしまった。
 初校まで完成していた原稿は、立花氏のキリスト教観の一端が表れている貴重なものだ。そこで今回、ご遺族の了承を得て、佐々木氏の写真とともに出版することとした。
 32ページにおよぶカラーの口絵には、躍動感あふれ息吹を感じる写真が70点掲載。南米に突如現れ、そして消えていった「神の王国」の姿が再現されている。本文モノクロページにもふんだんに写真を載せているが、そこに写る立花氏の若々しさに、読者は思わず微笑むだろう。

担当編集者より
キリスト教の持つ明と暗の両方が、写真と文章で見事に切り取られていて、息を飲みました。戦国時代の日本にもやってきたあのイエズス会が主人公なのですが、『沈黙』とは違った迫力に呆然。宗教の素晴らしさと人間の恐ろしさを感覚的に感じ取ってほしいと思います。立花さんが、この原稿をさらにどう発展させるつもりだったのかを考えながら読んでも面白い。
目次
◆口絵 インディオの聖像
 イエズス会の創始者たち
 立花隆を魅了した聖像
 父なる神と三大天使像
 グアラニ・バロックで見る聖書物語
  ①ローマ教皇のミサに選ばれた聖母子像 ②ヨーロッパではなきに等しいイエスを抱くヨセフ
 世界遺産となったイエズス会伝導村の遺跡
 サンチアゴに残る板絵

◆Ⅰ 神の王国イグアス紀行

◆Ⅱ インディオたちの聖像
    ラテン・アメリカのキリスト教美術

◆Ⅲ インディオの聖像

◆あとがき 佐々木芳郎

商品情報
書名(カナ) インディオノセイゾウ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年05月30日
ISBN 978-4-16-391547-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る