単行本
単行本

虚空の人清原和博を巡る旅

鈴木忠平

  • 定価:1,760円(税込)
  • 発売日:2022年07月27日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • 第32回(2022年)ミズノスポーツライター賞
  • 第53回(2022年)大宅壮一ノンフィクション賞
  • 第44回(2022年)講談社 本田靖春ノンフィクション賞

作品紹介

【大宅賞受賞『嫌われた監督』著者による最新作!】

 なぜ、清原和博に引き寄せられるのか? その内面 を覗いてみたいという衝動に駆られるのか? 清原が覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された後、初めて接点をもっ た著者は、堕ちた英雄の心に空いた穴=虚空を巡る旅に出た。
 前人未到の 13 本塁打を放った甲子園のヒーローの残像、いまだ心に傷跡として残るKKドラフトの悲劇、岸和田での少年時代......。かつてのスーパースターのルーツをたどり、関わった人々の証言を聞くにつれ明らかになったのは、 清原和博という男の“弱さ”と“矛盾”だった。

 清原が覚せい剤取締法違反で逮捕されてから、 執行猶予が明けるまでの4年間を追い続けた筆者による傑作ノンフィクション。スポーツ紙記者を辞め、フリーとして執筆活動を始めた鈴木忠平が清原とどう 対峙したかを記しつつ、清原という存在に惹きよせられ、 翻弄された人々の視点を通して『虚空の人』が浮き彫りになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 次第に近づいてくる灯りが私には清原に思えた。独り踏み出 したばかりの書き手の目の前に運命的に現れた対象であった。 おそらく、あの光にたどりつくまでの道のりに書くべき物語が ある−―そのときの私はまだ、そう信じていた。 (「プロローグ こだま六八四号」より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
プロローグ こだま六八四号
第一章 甲子園の祈り
第二章 怪物
第三章 祭りのころ
第四章 脱走
第五章 虚空の人
商品情報
書名(カナ) コクウノヒト キヨハラカズヒロヲメグルタビ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年07月30日
ISBN 978-4-16-391576-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る