作品紹介

PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがないであろう不滅の記録だろう。この13本は、ただの記録として残っているわけではない。甲子園の怪物に出会い、打たれた球児たちは、あの瞬間の”記憶”とともに、その後の歳月を歩んできた――。
今年6月、清原和博は覚せい剤取締り法違反で有罪が確定した。甲子園歴史館からは清原和博の痕跡が消え、踏み入れてはいけない領域に手を染めてしまったヒーローの名前は世間の表舞台から消えていった。そんな中、甲子園で13本塁打を浴びたライバル全員が、30年以上の時を経て、あえて今、静かに口を開いた。これは、18歳の清原と49歳の清原への、打たれた者たちからの”30年越しの告白”である。13本のホームランが生んだ真実が、ここに蘇る。

PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがないであろう不滅の記録と言えるでしょう。この13本は、ただの記録として残っているわけではありません。甲子園の怪物に出会い、打たれた者たちは、あの瞬間の”記憶”とともに、その後の歳月を歩んできました。
今年6月、清原和博は覚せい剤取締り法違反で有罪が確定しました。甲子園歴史館からは清原和博の痕跡が消え、踏み入れてはいけない領域に手を染めてしまったヒーローの名前は世間の表舞台から消えていきました。そんな中、甲子園で13本塁打を浴びたライバル全員が、30年以上の時を経て、あえて今、静かに口を開きました。これは、18歳の清原と49歳の清原へのメッセージであり、敗れた11人の男たちの”30年越しの告白”です。
カバーに掲載した金属バットは、1985年夏、決勝で2本のホームランを放ち甲子園の怪物を「伝説」にした現物です。13本のホームランが生んだ真実が、ここに蘇ります。

担当編集者より
甲子園で、あのときの「怪物」清原と対戦した当時の球児たち。13本のホームランを打たれた11人を訪ねてインタビューした労作です。ある人はそれを財産に野球人生を歩み、ある人は野球とは別の人生を歩む。しかし、誰の棟にも、清原との対戦が人生の節目として大きく残っており、それだけの大きな存在だということが分かります。その清原は近年、さなざまな苦難に見舞われましたが、「清原、帰ってこい」と叫びたくなる一冊です。
目次
空白の一球
封印された記憶
心の傷
怪物に挑んだ絆
痛みのないホームラン
最後のバッテリー
話さなかった白球
伝説の裏で分かれた明暗

「戦友たちへ」清原和博からの手紙
あとがき 清原和博が甲子園へ還った夏
解説 清原よ、あなたはひとりじゃない
中村順司(元PL学園監督)
商品情報
書名(カナ) キヨハラカズヒロヘノコクハク コウシエンジュウサンホンルイダノシンジツ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年07月10日
ISBN 978-4-16-791322-9
Cコード 0195

著者

鈴木 忠平

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る