作品紹介

村上春樹のクラシック音楽談義第2弾

村上さんはクラシック音楽をこんなに愛しているのかと驚きをもって迎えられた書物の第2弾。よりマニアックになって帰ってきた。

担当編集者より
村上春樹さんはジャズファンとしてよく知られていますが、クラシック音楽への情熱も尋常ではありません。高校生の頃から名演奏のLPを収集されてきました。その成果が昨年刊行された「古くて素敵なクラシック・レコードたち」です。コンパクト・ディスクからストリーミング・サービスに移行しているこの世界に抗うように、愛惜してやまない500枚のLPについて縦横無尽に記し大好評を得ました。そして、1年数ヶ月が過ぎ、村上さんは第2弾の原稿を脱稿されました。1冊では足りなかったのです。コロナ禍という状況も関係あることは前書きからも窺われます。グレン・グールドによる「ゴルトベルク変奏曲」やモーツァルトやブルックナー等々、次から次へと音楽愛を語り、それぞれの演奏の特質について縦横無尽に語ります。読んでから聞くか、聞いてから読むか、愉しみは尽きません。
商品情報
書名(カナ) サラニフルクテステキナクラシックレコードタチ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 その他 軽装 並製Pケース入
初版奥付日 2022年12月20日
ISBN 978-4-16-391610-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る