単行本

踏切の幽霊

1,870 (税込)
発売日2022年12月13日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) フミキリノユウレイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年12月10日
ISBN 978-4-16-391633-0
Cコード 0093

著者11年ぶりの最新作は、幽霊小説の決定版!

第169回直木三十五賞候補作
『ジェノサイド』の著者、11年ぶりの新作!


マスコミには決して書けないことがある――

都会の片隅にある踏切で撮影された、一枚の心霊写真。
同じ踏切では、列車の非常停止が相次いでいた。
雑誌記者の松田は、読者からの投稿をもとに心霊ネタの取材に乗り出すが、
やがて彼の調査は幽霊事件にまつわる思わぬ真実に辿り着く。

1994年冬、東京・下北沢で起こった怪異の全貌を描き、
読む者に慄くような感動をもたらす幽霊小説の決定版!

■A4サイズ拡材

※クリックすると大きな画像が別タブで開きます。POPなど拡材としてご利用ください

【本の話ポッドキャスト🎤本の螺旋階段⑦】
高野和明『踏切の幽霊』の結末に思わず涙が……!の巻(ネタバレなし)」

東海地方を襲った寒波に震えながら集まった秘密結社【本の螺旋階段】ですが、いざ高野和明さん11年ぶりの新刊『踏切の幽霊』について喋り出すと心も身体もヒートアップ!
 「いいねえ」「ほんとにいい……」結末の余韻と美しさを語るメンバーの目にはうっすらと涙が……! 高野さんにしか書けない社会派推理幽霊長編。強烈にオススメです!

担当編集者より

幽霊の目撃証言や列車の停車騒ぎが相次いだ都内・下北沢の踏切。女性誌記者の松田が調べると、ここで一年前に若い女性が亡くなっていることが判明する。妻を亡くして生きる気力を失っている松田だが、調査を続けるうちに、妻の幻を追うように被害女性の、殺人事件の真実に近づいていく――。

原稿を最初に一読した感想は、まさに〝正統派幽霊小説〟とでも言うべきものでした。
ただ、決してホラー小説ではありません。信じるも信じないも、あなた次第……?

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

踏切の幽霊

1,870 (税込)
発売日2022年12月13日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) フミキリノユウレイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年12月10日
ISBN 978-4-16-391633-0
Cコード 0093
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 佐伯泰英特設サイト