作品紹介

長崎の貿易商・梅屋商店の跡継ぎとして育った庄吉は、香港で写真館を経営する。
そこで出会ったのが、清朝を打倒し、西洋の武力支配からの自立を目指す若き孫文だった。
西洋列強による東洋の侵略に理不尽を感じていた庄吉は、孫文の情熱を知り、革命を支援することを約束する。庄吉はやがて、日活の前身となるMパテー商会を創立。黎明期の映画事業は大成功を収め、その資金で革命を支援し続ける。

実業家・梅屋庄吉の熱き生涯を描く!

商品情報
書名(カナ) ミハテヌオウドウ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年12月10日
ISBN 978-4-16-391635-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る