作品紹介

もはや日本は「輸出大国」ではない。
グローバルな視点で現実を直視し、日本経済復活のための新たなモデルを示す!

「資源のないわが国が生き残るには貿易しかない」
--戦後、日本は「貿易立国」を合言葉に、経済発展という坂道を駆け上り、ついにはアジアで真っ先に先進国入りを果たしました。

ところが発展の原動力となった輸出が不振です。これまでリードしてきた工業製品の優位性が揺らぎ、かつては世界の10%ちかくを占めてきた日本の貿易シェアは低下する一方。
「貿易立国」という、この国のかたちが危機に瀕しています。

なぜか。経済のグローバル化、技術のデジタル化という、かつてとは大きく異なる環境を背景に、新興国・途上国が台頭。日本をふくめた先進国の地位が低下しているからなのです。

では、日本が復活するためにはどうすればいいのか。
アジア各国のビジネスを30年ちかくリサーチしてきた著者は、成長トレンドにあって、日本国内の工業地帯に匹敵するほど大きな、日本企業の集積地があるASEANとの連携を提唱。

その上で、国内で開発・生産する「メイド・イン・ジャパン」戦略と、新興国・途上国へ生産拠点を移す「メイド・バイ・ジャパン」戦略の使い分けを説きます。

脅威論でも、悲観論でも、空理空論でもない、グローバル経済の時代に対応したリアルな「貿易立国論」の誕生です。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
著者が本書の構想を思いついたのは、シンガポールでの講演を準備している最中でした。合間に読んだ司馬遼太郎『坂の上の雲』から着想を得たのです。

日露戦争における日本軍は、やみくもに難攻不落の旅順要塞へ突撃しては損害を増やすばかり。それが旅順を俯瞰できる二〇三高地を攻略したことで、ようやくターゲットを正確に把握することに成功。勝利を得ることができたのです。

いまの日本企業に必要なのも、世界を見渡すことができる拠点の確保ではないでしょうか。
本書は楽観論でも悲観論でもない、現実論にもとづいたビジネスモデルを提案します。
目次
序章 貿易立国の復活にむけて

◆第1章 変わる日本の立ち位置◆
……世界の貿易では日本のプレゼンスが低下する一方。それが新興国・途上国の台頭に起因していることを確認する。

◆第2章 変わる世界の経済地図◆
……新興国・途上国経済が台頭してきた背景にあるICT技術の発展など、ビジネス環境の変化を考察。新興国・途上国の躍進は必然的なトレンドであることを示すと同時に、躍進の担い手が「国」ではなく「地域」にあることを示す。

◆第3章 「アジアと日本」から「アジアのなかの日本」へ◆
……ASEANにある日本企業の集積地は日本国内に匹敵する規模。その活用が日本の持続的成長のカギとなる。

◆第4章 ASEANから新興国・途上国を開拓する◆
……ASEANから中国やインドといった巨大な新興国市場を狙う「メイド・バイ・ジャパン」戦略を提示する。

◆第5章 新興国・途上国とともに成長する◆
……日本が持続的に経済成長していくためにはASEANが重要なパートナーになる。連携を強化する方策を考察する。

◆第6章 日本から富裕層マーケットに切り込む◆
……日本から直接、グローバル市場を狙う「メイド・イン・ジャパン」戦略。越境ECなど、成功するための方策を考察する。

◆第7章 日本の競争力をいかに高めるか◆
……グローバル経済の時代、日本の競争力を高める戦略を提案。じつは独自性の追求に活路があることを示す。
商品情報
書名(カナ) シンボウエキリッコクロン
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2018年05月20日
ISBN 978-4-16-661170-6
Cコード 0295

著者

大泉 啓一郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る