作品紹介

ひるむな祖国、大国としての自覚をもて!

初の海外派兵、東アジアの緊張と激変する安全保障問題、そして規制緩和を推進した小泉改革の行方を、青春時代を重ねつつ論断する

担当編集者より
アメリカ支配からの脱却を訴え続ける石原、戦後日本が抱えた問題点を詳細に点検し続ける田原……二大論客が「戦後が定年を迎えた」平成の時代に警鐘を鳴らす。憲法改正、東アジアの安全保障、対北朝鮮・中国外交の基本戦略、バーチャル・リアリティが進展する社会と青少年教育などを俎上に載せ、この国の未来像を鮮やかに提言する。
商品情報
書名(カナ) ニッポンノチカラ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年03月10日
ISBN 978-4-16-712810-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る