作品紹介

火付盗賊改のニューヒーローを描く、新シリーズ開幕!

伊刈運四郎、24歳。流浪の身から晴れて御先手頭・坂巻讃岐守忠成配下への仕官が決まる。しかし、人手が足りぬと向かわされた先には、口から鯖の尾鰭が飛び出た屍骸が……。有無も言わさず配されたのは、切捨御免の特権を持つ火付盗賊改方、通称「しノ字組」。そこは、顔の刀傷で畏怖される供頭・杉腰小平太以下、大酒呑みに博打好きと、およそ出世とは無縁なあぶれ者の寄せ集めだった。
商家への押し込み強盗で世上を騒がす「陣五郎一味」の捕縛に出動したしノ字組だったが、まんまと裏をかかれ大失態。意気消沈する一同に仲間とも認められず、失敗を重ねても、運四郎は決して諦めない。やがて、〝鯖殺し〟と陣五郎を繋ぐ線を見出す――。駆け出し新参侍が大江戸に蔓延る凶賊を逐う!

気鋭の時代小説家・坂岡真さんは、本シリーズが文春文庫初登場。第2巻『火盗改しノ字組(二) 武士の誇り』は9月刊行です。

担当編集者より
【謎解き+新参侍の成長物語+「しノ字組」群像劇】
本作は、火盗改の新参侍が事件の謎を解き、凶賊を追い詰めるストーリーに、彼を取り巻く「しノ字組」の面々の群像や、美しい江戸の情景や人情の機微が織り込まれた時代長編小説です。吉田史朗さん(『村上海賊の娘』ビッグコミックス)の、凛として闘志みなぎる眼差しのカバーイラストも印象的。次々と起こる事件、そして真っ直ぐな性格で走り出す主人公……読み出せば止まらない極上のエンターテインメント作品を、どうぞご堪能ください。
目次
しノ字組
天誅鯖
直指流鰓刺し
密告
真っ向勝負
商品情報
書名(カナ) カトウアラタメシノジグミ イチ マッコウショウブ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年08月10日
ISBN 978-4-16-791035-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る