ギブ・ミー・ア・チャンス

759 (税込)
発売日2018年10月06日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) ギブ ミー ア チャンス
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年10月10日
ISBN 978-4-16-791155-3
Cコード 0193

人生の挫折と再生をコミカルに描く短編集

〈ままならぬ人生……でも捨てたもんじゃない!〉

「あたためますか?」
「アイスあっためてどうすんの」
「あたりぼう、早く見たいでしょ」
「んなわけあるかい!」

俺はコンビニバイトの傍らネタを作り続けている。漫才で天下をとるんだ!……相方はまだいないが……。お笑い芸人を目指すフリーターを描く表題作ほか、体型のせいで尾行がバレる元相撲取りの探偵や、笑われることが大嫌いなのにゆるキャラの〝中の人〟にされた公務員など、何者かになろうと挑み続ける、不器用で諦めの悪い8人の物語。短篇の名手・荻原浩が温かく描く、笑えて、ちょっと泣けて、元気が出てくる小説集。

目次

探偵には向かない職業
冬燕ひとり旅
夜明けはスクリーントーンの彼方
アテンションプリーズ・ミー
タケぴよインサイドストーリー
リリーベル殺人事件
押入れの国の王女様
ギブ・ミー・ア・チャンス

あと描き

本の話おすすめ記事

担当編集者より

荻原浩さんの小説はいつも温かい。人生のターニングポイントで進むべき道に迷っている人、迷った挙句に間違ってしまった人、それでも夢を諦めきれず、ただただ明日を信じて歩みだそうとする人。彼ら(彼女たち)をユーモアに、すこしビターに描くけれど、その背中をそっと押すかのような優しさに満ちている。ダメだっていい、チャンスはいくらでも、どこにだって転がっているんだよ、とささやいているかのように。
「もうちょっと頑張ってみるかな」と、温かい気持ちになれる短篇集です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入

ギブ・ミー・ア・チャンス

759 (税込)
発売日2018年10月06日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) ギブ ミー ア チャンス
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年10月10日
ISBN 978-4-16-791155-3
Cコード 0193
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 佐伯泰英特設サイト