作品紹介

日本初の全文訳・訳註付『赤毛のアン』シリーズ第2巻。

アン16歳、美しいプリンス・エドワード島で教師になる。

ギルバートとアヴォンリー村の改善協会を作り、マリラが引きとった双子をグリーン・ゲイブルズで育て、夢にむかって誠実に生きる。

新しい友ミス・ラヴェンダーの恋と結婚、「腹心の友」ダイアナの婚約、アンの新たな旅立ち……。

幸せな生き方をさわやかに描く、青春と希望の第2巻!

アンが語る幸せな生き方
「一番幸せで心楽しい暮らしとは、華やかなこと、驚くようなこと、胸ときめくようなことが起きる日々ではなく、さりげない小さな喜びをもたらす一日が、今日、明日としずかに続いていくことなのね、まるで小さな真珠が、一つ、また一つと、糸からすべり出て行くように」
本書第19章より。


特徴①日本初の全文訳
米国詩人ホィティアーの詩「丘のふところにて」に始まり、米国詩人ロングフェローが過ぎ去りし青春を追想する一節「遠い遠い想い」をアンが語る章に終わる、日本初の全文訳。
大人の心豊かな読書にいざなう文学の全容。

特徴②巻末訳註付
作中に引用されるシェイクスピア劇と英米詩の古典、聖書の名句、主にスコットランド系カナダ人からなる登場人物の民族、19世紀カナダの料理・菓子・手芸、暮らし、草花、プリンス・エドワード島の歴史、地理、社会、キリスト教、ケルトとアーサー王伝説など、全30章から257項目について、61頁にわたる巻末訳註でくわしく解説。

特徴③口絵写真と地図
プリンス・エドワード島で撮影した本作ゆかりの写真9点。カナダ東海岸と島の地図。

特徴④あとがき
本作『アンの青春』を執筆中のモンゴメリ33歳の日記、作品の鑑賞、原題の意味などを紹介する訳者あとがき28頁。

松本訳の旧訳の訳文と訳註を改訂した新訳! すがすがしい青春、2年間の物語。

担当編集者より
『赤毛のアン』は児童文学の枠におさまらない。一人の女性の生涯を描いた本格文学だった──。作家の松本侑子さんによる日本初の全文訳シリーズ刊行を機に、女性記者さんがそんな新聞コラムを書いてくれました。そう、『赤毛のアン』は大河小説なのです。
7月の『赤毛のアン』に続き、第2巻は『アンの青春』。アン16歳、プリンス・エドワード島の教師になります。一方、親友のダイアナは婚約し……。『アンの青春』の世界を写真で紹介する口絵や、約80ページにわたる「訳者によるノート──『アンの青春』の謎とき──」ではまさに“謎とき”の醍醐味を味わえます。(担当TI)
商品情報
書名(カナ) アンノセイシュン
ページ数 528ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年09月10日
ISBN 978-4-16-791359-5
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る