作品紹介

日本初の全文訳・訳註付『赤毛のアン』シリーズ第3巻。

アン18歳、ギルバートとカナダ本土の大学へ。美しい港町、新しい友フィル、パティの家での楽しい共同生活。

娘盛りのアンは、貴公子ロイに一目惚れされ、青年たちに6回求婚される。やがて真実の愛に目ざめ、初めての口づけへ……。

英文学と聖書からの引用を解説した日本初の全文訳・訳註付アン・シリーズ、恋に胸ときめく第3巻!


アンが語る幸せな生き方
「そうね」アンはゆっくり話し出した。「小さな困難は、笑いのたねと見なすこと、そして大きな困難は、勝利の予兆と考えること。……」第37章「一人前の学士たち」


特徴1)日本初の全文訳
英国詩人テニスンが欧州童話「眠り姫」をモチーフに書いた詩の4行に始まり、同じくテニスンの詩の一節「愛は砂時計を持ちあげる」の章題に終わる、日本初の全文訳。
冒頭の詩は、この小説で、アンが少女という眠りから大人の女性へ目ざめ、真実の王子とキスをして結ばれる結末を暗示する。さらに最終章の章題「愛は砂時計を持ちあげる」(本邦初訳)は、アンと「王子」の愛が砂時計を持ちあげ、「眠りの城」で止まっていた二人の愛の時間が新しく流れ始めることを伝える。

特徴2)巻末訳註324項目
作中に引用されるシェイクスピア劇と英米詩の古典、聖書の名句、移民国家カナダにおける各登場人物の民族、19世紀カナダの料理・菓子・手芸、暮らし、草花、衣服、プリンス・エドワード島とノヴァ・スコシア州の歴史、地理、社会、キリスト教、ケルトとアーサー王伝説など、全41章から324項目について、69頁にわたる訳註で、わかりやすく解説。

特徴3)口絵写真14点と地図2点
『アンの愛情』の主な舞台はアン・シリーズで唯一、プリンス・エドワード島州ではなく、カナダ本土のノヴァ・スコシア州ハリファクス(小説中ではキングスポートという地名)。
訳者が現地を取材して撮影した小説の舞台の写真(アンが通う大学のモデル、下宿前の墓地公園、ギルバートと散歩する海岸公園、求婚されるあずまや、パティの家の豪邸街)と作中の品々(求婚の花メイフラワー、モンゴメリ家に伝わるゴグとマゴグとの片方)、モンゴメリが本作を書いたオンタリオ州の牧師館など、写真14点。カナダ東海岸の地図と島の地図を収載。

特徴4)あとがき……小説をより深く、楽しく読むために……
一、物語の魅力
二、物語の舞台ハリファクス、エヴァンジェリンの土地
三、スコットランド系とアイルランド系の物語
四、ケルトとアーサー王伝説、ゴグとマゴグ
五、キリスト教文学としての『赤毛のアン』シリーズ
六、ケルト・キリスト教を象徴する聖カスバート
七、『アンの青春』の最後と『アンの愛情』の冒頭のつながり
八、ハリファクスに二度暮らしたモンゴメリ 学生、新聞記者として
九、執筆前後のモンゴメリ

松本訳の旧訳の訳文と訳註を改訂した新訳。娘盛りのアン、ロマンチックな4年間の恋の物語!

担当編集者より
話題沸騰、松本侑子さんによる日本初の全文訳、詳細な訳注や口絵写真を収録する決定版「赤毛のアン」シリーズの第3巻、いよいよ刊行です。
アンは18歳になり、プリンス・エドワード島を離れ、カナダ本土の大学に進学します。
なんといっても気になるのが、アンとギルバートの恋のゆくえ……。
娘盛りのアンは青年たちに6回も求婚されます!
ギルバートがアンに贈ったメイフラワーの花束は、村岡花子版の抄訳では「さんざし」と訳されていました(実は村岡版は子ども向けの改変や省略が多くあります。実は「アン」シリーズは大人の文学作品なのです)。
今回の表紙では、訳者の松本侑子さんがプリンス・エドワード島で撮影した本物のメイフラワーをもとに、勝田文先生が手描きで完成してくださった装画が贅沢に使われています。
美しいメイフラワーや鈴蘭、炉棚飾りのゴグ・マゴグに彩られた『アンの愛情』をぜひお楽しみください。
商品情報
書名(カナ) アンノアイジョウ
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年11月10日
ISBN 978-4-16-791395-3
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る