作品紹介

石室敬三の元へ一年以上前に失踪した妻から突然電話がかかってきた。「自分が出ているから」と指示されテレビをつけると、そこには白骨化した左脚が発見されたというニュースが。妻は生きているのか? やがて全国各地で女性の体の一部が見つかり、事態はますます混沌としていく……。驚愕のミステリー長篇。
解説・関口苑生

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
〈今も多くの人に影響を与え続ける作家、連城三紀彦〉
多くの作家や評論家に多大なる影響を与え、読者へ驚きと衝撃をもたらした作家としてその名を遺す連城三紀彦。その幻の名作が、20数年の時を経て待望の文庫化。20数年前に描かれたとは思えない斬新奇抜なミステリーとストーリー!! 連城ワールドに虜になること間違いなしの一冊です。
商品情報
書名(カナ) ワズカヒトシズクノチ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年10月10日
ISBN 978-4-16-791368-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る