作品紹介

〈赤川次郎クラシックス〉 第5弾。

宇野警部と永井夕子が、休暇で湖畔のホテルに滞在中、アルバイト学生がナイフを胸に突きたてられた死体で発見される。
この人造湖の湖底には、かつて強盗殺人事件で奪われた、二億円相当の宝石が沈んでいるらしい。
逃走中の犯人が必死に宝物を探すなか、宇野と夕子に散弾銃が向けられる⁉

表題作ほか、「着せかえ人形の歌」「危い再会」「吸血鬼を眠らせないで」「狼が来た夜」の全5篇。

どこから読んでも楽しめる〈幽霊〉シリーズです。

カバーイラスト・あずみ虫

担当編集者より
「幽霊」シリーズ初期の作品を、新装版として刊行している〈クラシックス〉。
今回は、宇野警部と恋人の女子大生・永井夕子が夏休みに滞在中の、湖畔のホテルで事件は起きます…。
アルバイト学生が殺害され、湖底には二億円相当の宝石が沈んでいる。
最後はあっと驚くどんでん返しが!
2人のいる場所に必ず出没する、巨漢の原田刑事(実は隠れファン多し?)も大活躍です。
商品情報
書名(カナ) アカガワジロウクラシックス ユウレイコハン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年12月10日
ISBN 978-4-16-791406-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る