作品紹介

江戸の万事に奔走する中……
家基の願いを叶えられるのか?

出羽山形からの帰路、俄雨に襲われた宿場で
磐音は、追手に襲われた若い侍を助ける。

無事に江戸へと戻り、おこんを伴ってでかけた先で
出くわしたのは、南町奉行所の笹塚孫一。
またもややっかいな頼みごとが持ち込まれる。

一方、御典医の桂川甫周国瑞からは、
徳川家基の要望がもたらせるのだが、
桂川の周囲にも、田沼派の黒い影が忍びよる。

磐音が取った策とは……。

担当編集者より
今巻の装画は、忍び。凛々しい霧子は読者のみなさんの人気が高い登場人物でもあります。巨悪の影が強まる中にあって存在感を増す霧子たち。そして、磐音が取った策とは⁉
商品情報
書名(カナ) ザクロノハエ イネムリイワネ ニジュウシチ ケッテイバン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年03月10日
ISBN 978-4-16-791461-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る