作品紹介

巨大企業・明治化成を辞めて故郷の博多に帰り、小さなバーを営んで暮らしてきた
藤川啓吾。ある日、かつての同僚で今は明治化成の常務に上り詰めた神代の妻・
美奈が現れる。6年前、啓吾は東京を離れる折に美奈の必死の願いを断っていた。
美奈は言った。「もしも私があなただったら、こんな私のことを置いていったり絶対にしない」。
過去に決着をつけられず店の経営もジリ貧の啓吾、
複雑な人間関係をまるごと東京に置いて福岡にやってきた美奈は、
一緒に過ごすことで純粋な喜びを感じるようになる。だが、あるひとつの情報が、
啓吾を疑心暗鬼にする――

「心が通う」とは、どういうことか?
心が通ったとき、そこには説明のつかない偉大な力が生まれているのではないか?

人生の半ばを過ぎた大人の男女が、本当に求めるものに対して研ぎ澄まされてゆく。
企業の倫理、人生の選択、男女の深淵と希望を、福岡を舞台にあますところなく
描きこんだ長編恋愛小説。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
大企業勤めから一転、故郷で小さなバーを営む「挫折した中年男」のもとに、
友人の妻が突然現れ「あなたの子供を産みたい」と迫る‐―衝撃的な冒頭から一気に引きこまれる、パワフルな名作小説です。男女関係、官能と深層心理、ビジネスの秘訣、再出発のハードル……深いテーマが詰まった白石一文一流の展開と凄みを堪能すると、不思議な力が湧いてきます!
商品情報
書名(カナ) モシモ ワタシガアナタダッタラ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年05月10日
ISBN 978-4-16-791491-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る