書評

彫りの深いキャラクターと強いテーマで読ませる、大人の恋愛

文: 池上 冬樹 (文芸評論家)

『もしも、私があなただったら』(白石 一文)

『もしも、私があなただったら』(白石 一文)

 久々に読み返したら、なんとも新鮮だった。たしょう初々しい感じもするが、すでにここには、その後の白石作品の特徴がいくつもあることがわかる。その辺を語るには、近年の白石作品からはじめよう。

 まずは、近年の白石一文の小説の中でもっとも挑戦的で、もっともロマネスクな『記憶の渚にて』(二〇一六年)から語りたいと思う。

 この小説は、ある兄弟と宗教団体にまつわる話で、ある一族の数奇な出会いと別れと再会を大きなスケールで劇的に、まことに精緻に描いている。白石一文は抜群のストーリーテラーであり、三部構成の第一部はとりわけ怒濤の展開をたどり、いつにもまして物語は奥行きが深いけれど、中盤からは主題である「記憶」をめぐって思索が繰り返され、前世の記憶とは何か、生まれ変わりとは何か、そもそも「私」とは何かを問いただしていく。この波瀾に富むストーリー展開と、強力なテーマ把握が素晴らしい。文中に出てくる「世界は一冊の分厚い本である」という言葉そのままの壮大な長篇小説であり、世界的な海外文学に比肩する傑作といっていい。

もしも、私があなただったら白石一文

定価:本体710円+税発売日:2020年05月08日


 こちらもおすすめ
書評「この本がなければ私は小説家にならなかった」(2019.12.14)
特集作家が物語に込めた、東日本大震災への鎮魂と明日への願い【3.11まとめ・小説編】(2016.03.11)
書評時間のジレンマを乗り越えて 白石一文の小説技法 (2014.10.01)
書評震災後に起きた不思議な出来事を描く(2012.02.22)
インタビューほか震災で考えた「死ぬこと」と「時間」について(2012.01.16)