赤坂ひかるの愛と拳闘

913 (税込)
発売日2020年07月08日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) アカサカヒカルノアイトケントウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年07月10日
ISBN 978-4-16-791524-7
Cコード 0193

ボクシングの感動実話を、本人協力のもと完全小説化!

北海道からボクシングチャンピオンは生まれない。その常識を覆したのは、後にも先にも彼=畠山雅斗だけだった。そして彼を育てたのはボクシング経験のない女性トレーナー・赤坂ひかるだった――境遇も性格もまったく異なる二人が、一心同体となってストイックに駆け抜けた8年間、実話を元にした奇跡の物語。解説・加茂佳子


軌跡の実話を小説化

北海道から、初のボクシングチャンピオンを!!
素人女性トレーナー×元不良少年が常識を覆す

「勝つぞ! 行ってこい! ハタケ!」

二人は互いの戦う姿勢に、触発され勇気を得ることで、挫けそうになる心を立て直し、前を向いた。彼らの間には、最後まで甘えも馴れ馴れしさも生まれない。それでいて誰よりも深く理解し、お互いを尊重しあった。
この関係性が……尊い。(解説より)

本の話おすすめ記事

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

日本ボクシング界には、長らく「チャンピオンベルトは津軽海峡を越えない」、つまり、北海道からはチャンピオンは生まれない、という“常識”があったそうです。
これを打ち破ったのは、元OLで素人女性トレーナーの赤坂裕美子さんと、元サッカー少年・元不良少年の畠山雅斗選手(日本ライトフライ級)でした。
本作は、作者の中村航さんが二人に取材し、その奇跡の実話を小説化したもの。8年間という長い長い時間をかけて歩んだ二人三脚の、その絆とひたむきさに感動すること間違いなしです。赤坂裕美子さんは昨年、『激レアさんを連れてきた』(テレビ朝日)に出演、話題にもなりました。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入

赤坂ひかるの愛と拳闘

913 (税込)
発売日2020年07月08日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) アカサカヒカルノアイトケントウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年07月10日
ISBN 978-4-16-791524-7
Cコード 0193
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用