作品紹介

襲いくる田沼一派。
邪悪な策謀が牙を剝く!

小正月を迎えた江戸。
佐々木磐音は鵜飼百助のもとを訪ね、
愛刀の備前包平の研ぎを依頼する。

その帰り道、両国橋に差し掛かった
磐音と槍折れの名人・小田平助は、
妖しい気を放つ靄に包まれる。

その場に姿を現した丸目歌女は、
磐音に祖父の死を告げたうえで
あることを言い放ち、姿を消すのだが……。

将軍家の世嗣・家基の命を狙う勢力が
その牙を露わに襲い来る。

魔の手が次に伸ばされるのは⁉

担当編集者より
物語が大きく動く「更衣の鷹」。
江戸で暮らすようになってから
磐音が大切にしてきたものが
他者の悪意によって
捻じ曲げられるように変化します。
緊迫感あふれる上下巻。
一気読みしたくなります!
商品情報
書名(カナ) コシュウノハル イネムリイワネ サンジュウサン ケッテイバン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年07月10日
ISBN 978-4-16-791528-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る