作品紹介

2022大河ドラマ主人公・北条義時の姉にして、源頼朝の妻。
彼女はいつも動乱の渦中にいた。

伊豆の豪族・北条時政の娘に生まれ、流人源頼朝に遅い恋をした政子。やがて夫は平家への叛旗をあげる。源平の合戦、鎌倉幕府開設――御台所になった政子は、実子・頼家や実朝、北条一族、有力御家人達の間で自らの愛憎の深さに思い悩む。歴史の激流にもまれつつ乱世を生きぬいた女を描き、NHK大河ドラマ「草燃える」原作にもなった傑作歴史長編。

解説・大矢博子

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は北条義時役の小栗旬をはじめ、豪華キャストが次々に発表され、期待感が高まっています。1979年の「草燃える」は、初めて最初から最後まで見た大河ドラマで鎌倉時代の面白さに目覚めるきっかけになりました。その原作が永井路子さんの「炎環」と本書「北条政子」です。小豪族の娘に生まれ、流人だった源頼朝の妻となり、歴史の激流の中で生きた女を描く永井文学の代表的歴史長編です。
商品情報
書名(カナ) ホウジョウマサコ
ページ数 608ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年01月10日
ISBN 978-4-16-791625-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る