作品紹介

著者が円熟期に書いたミステリアス・ロマン。舞台はフランスのコートダジュール。海をのぞむリゾートホテル「花ホテル」の経営に人生の再出発をかける美貌の女主人・朝日奈杏子と彼女を支える敏腕マネージャー佐々木三樹を主人公にした連作短編小説。光あふれる南仏を舞台に、華麗で危険なドラマが繰り広げられます。著者の代表作である『御宿かわせみ』が好きな方なら、絶対にハマる一冊。1983年には山本陽子・名高達郎が主演でドラマ化。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
地中海を望む南仏のリゾートホテルを舞台にした短編小説です。主人公は美貌の女経営者と敏腕男性マネージャー。この二人の恋愛模様を絡ませながら、旅行客が持ち込む様々なトラブルを解決していきます。10本の短編が収録されてますが、ときには痛快、ときには涙が、そしてため息のでるような美しいロマンスなど、一編ごとに楽しみどころが違うという、贅沢な構成。著者・円熟期の傑作短編小説です。
目次
女主人
招待客
求婚客
夫婦客
父娘客
女客
男客
子連れ客
危険な客
商品情報
書名(カナ) ハナホテル
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年08月10日
ISBN 978-4-16-791739-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る