作品紹介

訳あって離縁したお雅が営む「旭屋」。夕餉の献立に困ったおかみさんたちの間で、持ち帰りのお菜をたっぷり揃えた見世は評判を集めている。

けれど、お雅には最近悩みがあった。長屋の差配が見世先に立って、お菜を求めるおかみさんたちを「女房だろ、母親だろ、なぜ自分で作らない」と説教するようになったのだ。おかみさんたちの足は遠のき、せっかく拵えたお菜も余ってしまう。そんな矢先、差配の内儀が体調を崩してしまい……。(収録作「はるいわし」)。

気難しい差配や常連客の色恋、そして元亭主や母親との関係に悩まされながらも、お雅は旬なお菜を拵え、「旭屋」を逞しく切り盛りする。江戸をめぐる四季と人間模様を丁寧に描いた、心温まる時代小説。

<収録作品>
お菜を買いに来たおかみさんを叱る差配。どうすれば?「はるいわし」
お花見の季節。常連客の色恋沙汰に巻き込まれ……「さくらのうたげ」
町でにわかに流行る「大食い競べ」、勝負の行方は?「おおぐいくらべ」
秋が深まる中、お雅の元亭主が見世にやって来た!「きくかほる」
正月早々、料理茶屋の大女将である母親が訪ねてきて……「さとのあじ」

商品情報
書名(カナ) オンナノハナミ ニウリヤオマサアジバナシ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年10月10日
ISBN 978-4-16-791948-1
Cコード 0193

著者

宮本 紀子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る