作品紹介

優雅で上品な王朝貴族……それって本当?

宮中での喧嘩、他家の従者を撲殺、法皇に矢を射掛ける。拉致、監禁、襲撃もお手の物。加害者は〝優美で教養高い貴公子〟だった! 『源氏物語』には決して描かれなかった、御堂関白藤原道長ら有名貴族の不埒な悪行を、「賢人右府」こと藤原実資の日記『小右記』などから丹念に抽出した意欲作。

【貴公子たちの悪行の数々が半端ない!】
・宮中で蔵人と乱闘(中関白藤原道隆の孫)
・従者を殴り殺す(粟田関白藤原道兼の子息)
・しばしば強姦に助太刀する(御堂関白藤原道長の子息)
・法皇の従者を殺し、生首を持ち去る(内大臣藤原伊周) ほか

「平安貴族とは、こんなにも破廉恥な、野蛮きわまりない者たちだったのか。これまで思い描いてきた、直衣姿や狩衣姿も美々しく、歌を詠み、恋にうつつをぬかしていた貴公子淑女は、いったいどこへいってしまったの? これでもかと暴かれる衝撃的な出来事のオンパレードに、読者は目を丸くするにちがいない」――解説・諸田玲子氏

目次
序 素行の悪い光源氏たち
1 中関白藤原道隆の孫、宮中で蔵人と取っ組み合う
2 粟田関白藤原道兼の子息、従者を殴り殺す
3 御堂関白藤原道長の子息、しばしば強姦に手を貸す
4 右大将藤原道綱、賀茂祭の見物に出て石を投げられる
5 内大臣藤原伊周、花山法皇の従者を殺して生首を持ち去る
6 宇治関白藤原頼通、桜の木をめぐって逆恨みで虐待する
7 法興院摂政藤原兼家の嫡流、平安京を破壊する
8 花山法皇、門前の通過を許さず
9 花山法皇の皇女、路上に屍骸を晒す
10 小一条院敦明親王、受領たちを袋叩きにする
11 式部卿宮敦明親王、拉致した受領に暴行を加える
12 三条天皇、宮中にて女房に殴られる
13 内裏女房、上東門院藤原彰子の従者と殴り合う
14 後冷泉天皇の乳母、前夫の後妻の家宅を襲撃する
15 在原業平、宇多天皇を宮中で投げ飛ばす
結 光源氏はどこへ?
王朝暴力事件年表/索引 ほか
商品情報
書名(カナ) ナグリアウキゾクタチ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年08月10日
ISBN 978-4-16-813075-5
Cコード 0195

著者

繁田 信一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る