作品紹介

法廷に立つ麻原彰晃及び彼にまだ眩惑されている信者たちの「罪と罰」を、冷徹な眼でウオッチする江川紹子の「オウム白書」第一弾

担当編集者より
オウム真理教関係者の裁判は、連日のように開廷されていますが、前著『「オウム真理教」追跡2200日』に引き続き、江川さんも頻繁に裁判所通いを続け、その記録を週刊文春に連載しています。その連載一年分に書き下ろしを加えたのが本書です。冷徹な観察力に基づく筆致は、ミステリの謎を解明するような興奮を与えてくれます。(S)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る