作品紹介

柊子の優しい息づかいが少女を女性(オトナ)へと変えてゆく───
今だからこそ、心の本棚にそっとしまっておきたい一冊。(松本若菜・女優)

鮮やかに胸を衝いてくる読後感に、きっとあなたも夢中になるはず。(三宅香帆・書評家)


天気予報はハズレ。雨の誕生日――
私だけの、心のお守りを見つけるのも悪くない

突然はじまった学校でのいじめは一向に止む気配がない。理由も分からないまま、夏美はひとり、14歳の誕生日を迎えた。雨の公園でいじめっ子たちに責められていた彼女に訪れた転機とは?(「誕生日の雨傘」)

ままならない毎日に、それでも前を向く勇気を与えてくれる、お守りのような小説集

担当編集者より
NHK連続テレビ小説『まれ』で、主人公(土屋太鳳)の先輩パティシエ役で注目を集めた女優・柊子(しゅうこ)さんのデビュー小説『誕生日の雨傘』の刊行です。
女優業のかたわら、作詞活動などを続けてきた柊子さんによる、初めての小説作品です。これが小説初執筆とは思えない、しっかりとした筆捌き。ここに新しい「作家」が誕生しました。
いじめ、スクール・カースト、コロナなど、現代に生きる我々にとって切実な問題をテーマに、瑞々しい感性で物語が紡がれています。ままならない毎日に、それでも前を向く勇気を与えてくれる、お守りのような小説集です。

著者

柊子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る