作品紹介

青々とした海原に突き出した岬の突端に築かれた、煉瓦性の白亜の灯台――海洋国家日本のもっとも美しい風景のひとつです。
その灯台がいま、危機にあります。
GPSの発達により、夜間の航海法が大きく変化し、灯台の実用的な重要性はどんどん低くなっているのです。
しかし、灯台は日本と世界の接点にあって、江戸末期以来の日本の近代化を見守り続けてきた象徴的な存在でもあります。
その技術、歴史、そして人との関りは、まさに文化遺産であるのです。
四方を海に囲まれた日本ならではの灯台の歴史と文化を、余すところなく網羅したのが本書です。
美しい写真とともに、日本近代のロマンを楽しんでください。

担当編集者より
とにかく写真が美しい。灯台のある場所は、その性質上、青い大海原に突き出した岬の突端の高台。しかも、ほとんどの灯台が白塗りのレンガ造り。完璧な色味と構図。まずは、そこを楽しんでください。そして、黒船による開国で、外国船が安全に日本に来られるように、列強の要請で灯台が作られた歴史など、文系心がくすぐられると同時に、光を遠くまで届けることが出来る特殊レンズ、フレネルレンズの開発秘話など、理系心も満足。見てよし、読んでよし、の楽しい1冊です。
目次
はじめに
Interview  100年以上の時を超え、灯台が今に伝えるものは何か? 
      東京工業大学 藤岡洋保名誉教授と行く犬吠埼灯台

Part. 1「歴史」
    第一章 灯台前史
Interview 「灯台どうだい?」編集長 不動まゆう
      「語りつくせぬフレネルレンズの魅力」
    第二章 日本の灯台      
Interview  東京外国語大学大学院 准教授 伊藤剛史
      「技術者とビジネスマンの顔を持つブラントン」
Interview  元国立公文書館 アジア歴史資料センター 大野太幹
      「たたき上げの藤倉とエリートの石橋が築いた礎」

Part. 2「人」
    第三章 皇室
Interview  ノンフィクション作家 工藤美代子
      「今に続く皇室と灯台の礎を作った国母」
    第四章 灯台守
Interview  元海上保安官 鈴木照秋
      「昭和から平成まで、灯台から見守り続けたこと」

Part. 3「技術」

Interview  日本光機工業株式会社 徳田博之
      「大正時代から続く、日本製灯台の軌跡を訪ねて」

Part.4「地方」
Message  日本財団 会長 笹川陽平
      「灯台は日本の海の歴史を未来につないでいく」


著者

日本財団 海と灯台プロジェクト

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る