作品紹介

今回の戦争によって、米国一極のもとに世界が安定しているのではなく、複数の大国がそれぞれ異なる世界観を掲げて「競争的に共存する」世界に変化した――。

ロシアのウクライナ侵攻は、ポスト冷戦時代の終焉を告げる歴史的な転換点となった。
「理解できない世界秩序への反逆」の続発を予感させる今後の世紀を、複雑な世界を私たちはどう生きるのか。
戦争が日常化する今、思考停止に陥らないために。

気鋭のロシア軍事・安全保障専門家が、評論家、作家、映画監督らと「ウクライナ戦争200日」を多角的に見つめ直す待望の対談集。

目次
はじめに
1: ロシアは絶対悪なのか 東浩紀×小泉悠
2: 超マニアック戦争論  砂川文次×小泉悠
3: ウクライナ侵攻 100日の「天王山」 高橋杉雄×小泉悠
4: ウクライナの「さらにいくつもの片隅に」 片渕須直×小泉悠
5: 「独裁」と「戦争」の世界史を語る ヤマザキマリ×小泉悠
6:  ウクライナ侵攻 戦争の分岐点  高橋杉雄×小泉悠
7:ドイツと中国とロシアの世界勢力図 マライ・メントライン×安田峰俊×小泉悠
おわりに

著者

小泉 悠

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る