本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
宮部みゆきさんの菊池寛賞贈呈式挨拶のノーカット版や、年末年始には2022年おすすめミステリ特集も!

宮部みゆきさんの菊池寛賞贈呈式挨拶のノーカット版や、年末年始には2022年おすすめミステリ特集も!

文:「オール讀物」編集部

「本の話」ポッドキャスト


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ ,#歴史・時代小説

昨年から本格的にスタートした「本の話」ポッドキャストですが、12月は29本もの新コンテンツが登場。文芸書や文芸誌はもちろん、新書、翻訳本など、本にまつわる沢山の四方山話を公開してきました。

年末年始には文藝春秋ミステリー部(文春推理部)が、版元、担当いっさい関係なく、とにかく面白い“2022年おすすめ作”を紹介しあう企画を連続で敢行し、国内編① ②、海外編、部員の偏愛イチオシ編と、大いに盛り上がりをみせています。

12月の人気コンテンツベスト3は

(1)【オールの小部屋・号外】コロナ禍の別離――宮部みゆきさん菊池寛賞挨拶をノーカットでお届け!

(2)【5分で聴く♪文春新書】①『日本の伸びしろ 悲観を成長に変える思考力』(出口治明・著)

(3)浅倉秋成が教える「エッセイの極意」――講座「書くをはじめてみよう!」をハイライトでお届けします!

12月にもっとも聴かれた、宮部みゆきさんの菊池寛賞挨拶で語られたのは、コロナ禍で亡くなった大切な人たちへの愛惜の思いでした。2022年12月2日夜に開催された第70回菊池寛賞贈呈式の模様を、翌日昼にいちはやくノーカットでお届けし、各方面で話題を集めました。

【5分で聴く♪文春新書】は、トップバッターの出口治明さんの『日本の伸びしろ 悲観を成長に変える思考力』が、息長く聴かれ続けています。大病から見事に復活した出口流「明るい社会への道」は、2023年以降の日本にとって役立つヒントが満載です。ほかにも、文春新書からは、『メタバースと経済の未来』『ウクライナ戦争の200日』『アントニオ猪木 闘魂の遺伝子』など、多彩なラインナップが続々揃ってきています。

『俺ではない炎上』『六人の嘘つきな大学生』で大注目されている、浅倉秋成さんは、11月に佐賀県・嬉野温泉にある和多屋別荘で〈ライター・インレジデンス〉を体験中、「エッセイ」のセオリーを伝授する講座「書くをはじめてみよう!」を実施。その講座をハイライトでお届けしました。YouTubeでフルバージョンの動画も公開中です。(ご視聴はこちらから

今月はいよいよ1月19日に選考会が迫った、第168回直木三十五賞についても、【オールの小部屋】で速報を予定。配信はAnchorSpotifyamazon musicApple PodcastsGoogle Podcastsなど様々なメディアにも対応しており、各メディアで「本の話」をフォローしていただくと、新しいエピソードの通知が届き、情報をいち早く入手することが可能になります。

ぜひ、各メディアにご登録をいただき、最新情報をいち早く堪能いただければ嬉しいです。


各メディアのフォローはこちらから

Anchor
https://anchor.fm/hon-web

Spotify
https://open.spotify.com/show/1AKTiXEw9YH9XLwvTkSDn1

amazon music
https://music.amazon.co.jp/podcasts/7985e1ef-57f1-4d74-89ec-b6aa2ff05a18/

Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/id1631100131

Google Podcasts
https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy85ZTNhMTE4NC9wb2RjYXN0L3Jzcw

文春新書
日本の伸びしろ
悲観を成長に変える思考力
出口治明

定価:935円(税込)発売日:2022年10月20日

文春新書
メタバースと経済の未来
井上智洋

定価:990円(税込)発売日:2022年12月16日

文春新書
ウクライナ戦争の200日
小泉悠

定価:935円(税込)発売日:2022年09月20日

文春新書
アントニオ猪木 闘魂の遺伝子
門馬忠雄

定価:1,045円(税込)発売日:2022年12月16日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る