電子書籍

四月になれば彼女は

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2019年07月10日
ジャンル小説

恋愛なき時代のベストセラー恋愛小説、ついに文庫化!

精神科医・藤代に大学時代の恋人から手紙が――失った恋に翻弄される十二か月。『世界から猫が消えたなら』『億男』著者の恋愛小説。

推薦コメント

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。新海 誠(アニメーション監督)

イノセントかつグロテスクで、ずっと愛を探している。川村元気そのもののような小説でした。星野 源(俳優・音楽家)

恋愛小説を書こうと思ったら、周りの人が誰も熱烈な恋愛をしていませんでした。独身の男女は好きになる相手がいないと嘆き、結婚した夫婦は愛が情に変わるもんだと説く。でも誰もが、十代の頃の恋を瑞々しく語る。あの頃の気持ちはいったいどこに消えたのか? 

恋愛を前にして、人間は悲しいくらい生身にされてしまう。でも僕は、それこそが美しいと思いました。だから「恋愛がなくなった世界」で、それを求めてもがく男女の物語になった。絶望の果てまで行った先に見えたかすかな“光”とともにラストシーンを書き終えた時、問い続けていた答えのカケラが見えた気がしました。読んだ人それぞれの恋愛に対する答えを、小説を読んで、自分のなかに見つけて欲しいと思っています。

川村元気(かわむら・げんき)

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』『怒り』『すずめの戸締り』『怪物』などの映画を製作。2011年に、「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同作は28ヵ国で出版された。他著に小説『億男』、『神曲』、対話集『仕事。』『理系。』、翻訳を手がけた『ぼく モグラ キツネ 馬』、近藤麻理恵との共作小説『おしゃべりな部屋』等。2022年9月、自身の小説を原作として、監督・脚本を務めた『百花』が公開。同作で第70回サン・セバスティアン国際映画祭にて日本人初となる「最優秀監督賞」を受賞。
公式HP:genkikawamura.com


映画『四月になれば彼女は』2024年3月22日公開

公式サイト https://4gatsu-movie.toho.co.jp/

マンスリートレーラー


【本の話🎙ポッドキャスト】話題作🎧試し聴き

『四月になれば彼女は』(著・川村 元気/朗読・細谷 佳正)

佐藤健さん、長澤まさみさんが出演する映画『四月になれば彼女は』が話題です。朗読はあの人気声優・細谷佳正さんです!

Audibleのお求めはこちら

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

四月になれば彼女は

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2019年07月10日
ジャンル小説
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 佐伯泰英特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト