作品紹介

1967年、故郷の福岡を出て東京へ。大学在学中にイラストレーターとしてデビューし、やがて大規模なグラフィック展覧会「80 sグラフィックパワー展」の顔ぶれに20代で抜擢され、パルコ系クリエイターの仲間入りを果たす。
それがきっかけで、汐留の国鉄跡地に造られることになった大型ライブハウス&ディスコ「サイカー PSYCHER」の内外装を任され、さらにゲームファンタジア渋谷の外壁や店内アートを担当する。
時はバブル全盛時代。数々の変人たちと出会いながら、充実した仕事の毎日を送る一方で、同郷の恋人と別れてモデルと結婚。絶頂の日々を過ごしつつも、確実に時代の変化を感じていた――。
バブルのど真ん中にいた著者が、自らの仕事と恋愛、青春の日々を回想するドキュメンタリーノベル。

解説 日比野克彦

バブル当時、著者が出会った人々
空間プロデューサー、コンセプチャー、デザイナー、
女性のアート系プロデューサー、新進気鋭の映画監督、
広告代理店の営業マン、超能力者、老舗ホストクラブの男、
ヤクザの3人組、銀座で豪遊するキング・オブ・バブル社長、
アニメ「ちびまる子ちゃん」を平成のサザエさんに仕立てた男……

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る