作品紹介

「切り絵図屋清七」シリーズ第6巻。

思いがけず新しい絵師も加わり、長谷清七が跡を継いだ絵双紙本屋・紀の字屋は、ますます繁盛していた。
一方、それを恨む同業者の近江屋が、悪徳商売で店の乗っ取りをはかっているという、よからぬ噂が聞こえてくる。
ついには仲間の与一郎が、身に覚えのない人殺しの罪を被せられ、牢屋に入れられてしまう。清七は真相を追っていくが――。

また、藤兵衛の病がいよいよ重くなり、清七はある決断を迫られることになる。

大人気の書き下ろしシリーズ、堂々の完結。

担当編集者より
絵双紙本屋「紀の字屋」を切り盛りする清七を主人公としたシリーズが、第6巻の本書で、堂々の完結!
ライバルの同業者・近江屋の悪巧みに揺れる紀の字屋。また病身の藤兵衛に呼び出された清七は、あることを告げられる……。
どうか、清七や紀の字屋の仲間たちに待ち受ける未来を、しっかり見届けてください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る