作品紹介

ここ数年、惑いに流されている北
町貫多。あるミュージシャンに招
かれたライブに昂揚し、上気した
まま会場を出た彼に、東京タワー
の灯が凶暴な輝きを放つ。その場
所は、師・藤澤清造の終焉地でも
あった――。何の為に私小説を書
くのか。静かなる鬼気を孕む、至
誠あふれる作品集。「芝公園六角
堂跡」とその続篇である「終われ
なかった夜の彼方で」「深更の巡
礼」「十二月に泣く」の四篇を収
録し、巻末に、新たに「別格の記
――『芝公園六角堂跡』文庫化に
際して」(18枚)を付す。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る