作品紹介

100年前の日本人は、疫病とどう戦ったのか? 文庫オリジナル!

スペイン風邪が猛威をふるった100年前。作家の菊池寛は恰幅が良くて丈夫に見えるが、実は人一倍体が弱かった。そこでうがいやマスクで感染予防を徹底。その様子はコロナ禍の現在となんら変わらない。スペイン風邪流行下の実体験をもとに描かれた短編「マスク」ほか8篇、心のひだを丹念に描き出す傑作小説集。解説・辻仁成

【収録作品「マスク」】
見かけは頑健に思われているが、実は心臓も肺も、胃腸も弱い。そんな自分に医者は「流行性感冒にかかったら、助かりっこありません」と言う。だから、徹底的に感染予防に努めた。でも暖かくなったある晴れた日に、黒いマスクの男を見かけて――。


担当編集者より
『父帰る』などの作品を世に送り出し、文壇の大御所とも言われた菊池寛。恰幅が良くて丈夫そうに見えますが、実は体が人一倍弱く、スペイン風邪が猛威を振るった当時、うがい・マスク・外出せずという感染対策を徹底。……これって今のコロナの予防法と変わらない⁉ 菊池寛自らの実体験が元になった小説「マスク」他、疫病と向き合う100年前の日本人を描いた傑作短編小説集。フランスのロックダウンを経験した作家・辻仁成さんの解説も見逃せません。インパクトあるカバーイラストにもぜひご注目ください!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る