作品紹介

徳川吉宗の発案で武術を奨励するための剣術大会が催されることになった。金杉清之助の元にもこの試合の内容がもたらされ、道場の代表選抜の試合に向けて一日一食、睡眠時間も削って、無心に自らの剣の限界を突き詰める孤独な闘いをしていた。

父惣三郎から送られた新藤五綱光が丹精込めた刃と、葉月が手縫いした白鉢巻きを手に、清之助は試合にのぞむ。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る