作品紹介

紀州藩下屋敷が火付けにあった。言うのも憚られるほど凄惨な殺戮が行われており、江戸町奉行・大岡忠相はやっきになって火付け一味の正体を暴こうとしていた。しかしまったく手がかりがつかめない。金杉惣三郎は将軍吉宗の命を受け、一味の探索にあたる。

殺戮からただ一人生き残った娘・鶴女は心を閉ざし、何も喋ろうとしない。惣三郎は鶴女の身柄を預かり、飛鳥山の菊屋敷で家族をあげて見守ることに。平穏な時が過ぎるのも束の間、黒衣の山伏たちが襲いくる。

「金杉様、私の朋輩衆の仇を討って下さいますか」。惣三郎は鶴女の願いを受け止め、火盗黒野分と対峙する!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る