作品紹介

享保八年秋、飛鳥山の菊屋敷は、棟方新左衛門と久村りくの結納を祝う宴で賑わっていた。ところが石見道場に新左衛門と夫婦になる約定を交わしたという女が現れる。花火の房之助親分らが極秘に探索に乗り出すと、女は意外な人物の妻だった。

一方、二十一歳になる清之助は身の丈六尺三寸、鍛え上げられた躰をもつ若武者に成長していた。紀州和歌山を発ち、大和街道を行く清之助は、不逞の黒装束の一団に取り囲まれ、銃弾をうけ倒れてしまう――。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る