作品紹介

鹿島の米津寛兵衛の一周忌法要へ、鍾馗の昇平を筆頭にした石見道場の面々を引き連れて行くことにした金杉惣三郎。ところがその矢先、大岡忠相より探索の密命が下される。それは直参旗本の家督相続が絡む、奇怪極まりない事件だった。

一方清之助は新宮、伊勢、奈良を経て大和柳生の庄をたずねる。時が許す限り稽古をする同士と出会い、秘剣・霜夜炎返しを披露する。しかし尾張柳生の刺客はなおも清之助を狙う!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る